突然データ壊れた!その時どうする?どうすべき?

この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

大事なデータのバックアップ事典

パソコンの用途は、いろいろあると言えます。
ある人にとっては、業務用のみであり、自宅では、スマートフォンしか使わないかもしれません。
また、ある人にとっては、インターネットとメールのみの利用かもしれません。
さらに、ある人にとっては、テレビ代わりにしている可能性もあります。
実に様々でしょう。
けれども、パソコンは、もともと高度な計算機として、開発されました。
8ビットパソコンが、もっとも基礎的で、簡素なものですが、それは2ビットで1計算をすることが、見込まれています。
つまり、基礎的なパソコンは、四則計算から始まったということのようです。
これを基本に、計算をし、なおかつ、それが文字入力であったり、あるいは、画像の編集などにつながったのでしょう。
そうして、巨大な保管場所のようにもなり、単なる計算機だけの用途ではなくなりました。
つまり、データ保存を主要用途の中に取り込んだということです。
テキストファイルであれば、今のような大容量化でなくても、かなりのものが保存できました。
それは、書くことをビジネスとする人にとっては、非常に有益なものだったでしょう。
あるいは、企業においても、書類をデジタル化することで、保存はもちろん、作成能率も向上し、非常に有益になったようです。
しかも、書類においては、画像も添付できるというソフトも開発され、実に利便性に富んでいます。
さらに、作成と保管を一つの機械で可能となるため、それもまた、利便性の向上となっています。
けれども、パソコンは、あくまで機械です。
障害が発生する可能性があり、そうなれば、大事なデータを失う可能性があります。
そのため、バックアップが大事になります。
バックアップにも、種々の方法がありますが、基本は、できるだけ、同じパソコンの中で行わないようにすることです。
このサイトでは、こういうデータのバックアップについては、お話しています。
種々の方法があり、それぞれの記事の中で、可能な限り、平易な言葉で説明しています。

検索する
サイト内検索(by Google)
Copyright (C)2014突然データ壊れた!その時どうする?どうすべき?.All rights reserved.